検索結果

  詳細検索を表示する
  • 61-80 / 全409件中
  • 表示数
  • 新着順
  • 研究者名順
  • 所属順
1889
ライフサイエンス
掲載日:2018/09/12
特許第6869530号

ニューレグリン1α様活性を有するポリペプチド及び糖尿病治療用医薬組成物

合田 亘人 教授 (理工学術院)
もっと読む
2060
情報通信
掲載日:2018/07/13

検出方法及び検出装置

戸川 望 教授 (理工学術院)
もっと読む
1860
ライフサイエンス
掲載日:2018/07/13
特許第6792753号

フェルラ酸誘導体含有組成物及びその製造方法

中尾 洋一 教授 (理工学術院)
本発明は、フェルラ酸誘導体を含有する医薬組成物及び食品組成物等の組成物及びその製造方法に関するものである。
もっと読む
1913
社会基盤
掲載日:2017/06/20
特許第6916500号

能動的接触力調整エンドエフェクタ

汪 偉 次席研究員 (理工学術院)
もっと読む
2016-1024-06
ライフサイエンス
掲載日:2016/10/24

コラーゲン様構造を有する重合ペプチド及びゲル

小出 隆規 教授 (理工学術院)
◆ 化学合成した3重らせんをSS結合で重合させたマテリアル (図1)◆ ハイドロゲルや透明なフィルム状などの形状に加工が可能 (図2)◆ コラーゲン上の機能配列を導入して細胞接着などを制御できる (図3)◆ ゲルの硬さを変化させることによって細胞の振る舞いを制御できる (図4)
もっと読む
1804
社会基盤
掲載日:2016/04/11
第6675733号

歯磨きロボット

高西 淳夫 教授 (理工学術院)
もっと読む
2015-1215-07
社会基盤
掲載日:2015/12/15

「音楽」による人間とロボットの交流

高西 淳夫 教授 (理工学術院)
共同研究者:コセンティノ サラ
◆楽器演奏ロボットには共演者との意思疎通能力が必要(Fig.2)◆言語以外の方法での意思疎通が必要◆マルチセンサ:多種の情報をリアルタイムに同時取得(Fig.3)
もっと読む
2015-1215-06
社会基盤
掲載日:2015/12/15

「笑い」による人間とロボットの交流

高西 淳夫 教授 (理工学術院)
共同研究者:コセンティノ サラ
◆笑いのリアルタイム計測システム(Fig.2)◆ウェアラブル:非侵襲かつポータブル◆マルチセンサ:運動および生理的変化を計測
もっと読む
2015-1215-05
社会基盤
掲載日:2015/12/15

高齢者のバランス能力評価のための装着型センサ

高西 淳夫 教授 (理工学術院)
共同研究者:セッサ サルバトーレ 非常勤講師
◆慣性測定ユニット(IMU)により動きを計測(Fig. 1)◆成人を対象とした片足立ち試験(Fig. 2)◆片足立ち試験の自動分析(Fig. 3)◆歩行異常の自動認識(Fig. 4)
もっと読む
2015-1215-04
社会基盤
掲載日:2015/12/15

潜在意識に働きかける内視鏡訓練システムの開発

高西 淳夫 教授 (理工学術院)
共同研究者:セッサ サルバトーレ 非常勤講師
◆実験環境と設備(fig.1)◆異なるフィードバック(fig.2)◆最初の訓練試行と最後の訓練試行の姿勢の差(fig.3)◆訓練中の作業負荷(fig.4)
もっと読む
2015-1023-03
ライフサイエンス
掲載日:2015/10/23

新規の抗菌性ペプチド

小出 隆規 教授 (理工学術院)
3重らせん構造で、かつ、N末付近にArgクラスター、C末にジスルフィド架橋を有する新規の抗菌活性ペプチド
もっと読む
2015-1022-04
ライフサイエンス
掲載日:2015/10/23

高血糖によるエピゲノム異常の抑制剤

中尾 洋一 教授 (理工学術院)
共同研究者:新井 大祐 講師 、塩田 邦郎 教授
高血糖はエピゲノムの変化を起こすのだろうか? その場合、高血糖によるエピゲノム異常を抑制できる化合物は予防・ 治療を期待できる。
もっと読む
2015-1022-03
ライフサイエンス
掲載日:2015/10/23

神経細胞分化促進剤

中尾 洋一 教授 (理工学術院)
共同研究者:   
・ニューロン分化に特異的な促進または阻害活性を有する ageladine A誘導体シリーズ
もっと読む
1117
ライフサイエンス
掲載日:2013/12/25
第5787304号

JAK2遺伝子の変異解析方法

常田 聡 教授 (理工学術院)
慢性骨髄増殖性疾患(MPD)に見られるJAK2遺伝子変異の測定方法として蛍光プローブを用いる。高感度、簡便、低コスト、ハイスループットに定量可能。 医薬品のスクリーニング方法などへの応用も期待される。
もっと読む
2013-1022-04
ライフサイエンス
掲載日:2013/10/25

海洋天然化合物

中尾 洋一 教授 (理工学術院)
・海洋無脊椎動物は低分子化合物の宝庫・エピジェネティクス研究のツール
もっと読む
2013-1022-01
ライフサイエンス
掲載日:2013/10/25

コラーゲンを用いる新規DDS

小出 隆規 教授 (理工学術院)
・ステルス性と高尿排泄性を持つ今までに無い薬物担体・抗原性が低く安定
もっと読む
2013-1021-02
ライフサイエンス
掲載日:2013/10/25

諸物性がデザインできる “テーラーメイド輸送体によるDDS”

宗 慶太郎 客員主任研究員 (理工学術院)
・創薬とDrug Delivery Systems(DDS)を融合させるプラットフォーム・ナノ輸送体の物性デザインにより薬物動態を制御(独自の機能性脂質ライブラリーを使用)・新薬開発の加速、付加価値DDS製剤の創出
もっと読む
2013-1017-01
ライフサイエンス
掲載日:2013/10/25

非侵襲メラノーマ診断支援システム

宗田 孝之 教授 (理工学術院)
・非侵襲的方法によるメラノーマの早期発見・色素分子レベルの情報に基づく客観的かつ定量的な診断支援
もっと読む
2011-1028-01
ライフサイエンス
掲載日:2011/10/28

肝内代謝制御機構とその破綻による疾患発症メカニズムの解明

合田 亘人 教授 (理工学術院)
細胞内低酸素応答機構の中心分子である転写制御遺伝子Hypoxia inducible factor (HIF)-1についての知見を有する。肝実質細胞における低酸素応答の破綻がアルコール性および非アルコール性脂肪肝の発症や進展に係わっていることを見出した。特に、アルコール性脂肪肝発症メカニズムにHIF-1による脂肪...
もっと読む
CSVダウンロード