検索結果

  詳細検索を表示する
  • 1-20 / 全56件中
  • 表示数
  • 新着順
  • 研究者名順
  • 所属順
1843
ナノ・材料
掲載日:2017/03/06
特開2016-178342

トランジスタの製造方法及びセンサ素子

川原田 洋 教授 (理工学術院 基幹理工学部)
もっと読む
1659
ナノ・材料
掲載日:2017/03/06
特開2016-153353

カーボンナノチューブの製造装置

野田 優 教授 (理工学術院 先進理工学部)
もっと読む
1624
ナノ・材料
掲載日:2017/03/06
特開2016-107290

金属材の接合方法

齋藤 美紀子 上級研究員 (研究院(研究機関) ナノ理工学研究機構)
もっと読む
1618
ナノ・材料
掲載日:2017/03/06
特開2016-153850

テーパ光ファイバの製造方法

青木 隆朗 教授 (理工学術院 先進理工学部)
もっと読む
1604
ナノ・材料
掲載日:2017/03/06
特開2016-141604

ナノカーボン基材の製造方法およびナノカーボン基材

川原田 洋 教授 (理工学術院 基幹理工学部)
もっと読む
2017-0223-05
ナノ・材料
掲載日:2017/02/23

超薄膜 光ルミネッセンスセンサー

藤枝 俊宣 講師 (理工学術院 先進理工学部)
共同研究者:佐藤 裕崇 、武岡 真司 教授
◆ 自己支持性高分子ナノシート(数十~数百ナノメートル厚)からなる光ルミネッセンスセンサー◆ 担持するセンサー色素の種類に応じて検出項目を選択可能(例:温度・酸素濃度)◆ レシオメトリックな生体情報のセンシング
もっと読む
2017-0223-04
ナノ・材料
掲載日:2017/02/23

単一入力信号によるMEMSマイクロミラーの3次元駆動

岩瀬 英治 准教授 (理工学術院 基幹理工学部)
◆ 単一の駆動機構により3つの共振モードを出力◆ 3つの共振周波数を重ね合わせた一つの信号の入力によって3次元に駆動
もっと読む
1687
ナノ・材料
掲載日:2017/02/13
特開2017-14126

抗微生物活性を有するコラーゲン様ペプチド及びその組成物

小出 隆規 教授 (理工学術院 先進理工学部 化学・生命化学科)
塩基性と三重らせん構造をもち、塩基性残基と疎水性残基の種類を変えることにより、強い抗微生物活性を有するように調製されるコラーゲン様ペプチド。ヒト線維芽細胞に対する毒性試験、ヒト赤血球に対する溶血性試験、マウスの急性毒性試験において、安全性が確認できている。
もっと読む
2016-1024-05
ナノ・材料
掲載日:2016/10/24

食の安全を守るバイオセンシング技術の開発

秀島 翔 次席研究員 (研究院(研究機関) ナノ理工学研究機構)
共同研究者:逢坂 哲彌 特任研究教授
◆ 半導体バイオセンサを用いて、食品中の微量含有物質の簡易検出を行う。◆ 微量でもアナフィラキシーショックを引き起こす食物アレルゲンの有無を判定する技術を開発した。
もっと読む
2016-1024-04
ナノ・材料
掲載日:2016/10/24

生体表皮における化学バランスのモニタ

大橋 啓之 上級研究員 (研究院(研究機関) ナノ理工学研究機構)
共同研究者:逢坂 哲彌 特任研究教授
◆ 複数の化学物質をスマホから同時モニタする技術を開発 (Fig.1)   ◆ 心と体の健康に繋がるホルモンや免疫物質を検出 (Fig.2)◆ 皮膚pHを10秒以下で正確に測定する手法を開発 (Fig.3)
もっと読む
1827
ナノ・材料
掲載日:2016/07/05

曲げ変形および伸縮変形可能な電子デバイス

岩瀬 英治 准教授 (理工学術院 基幹理工学部)
もっと読む
1828
ナノ・材料
掲載日:2016/07/05

視覚的質感提示デバイスおよび視覚的質感提示方法

岩瀬 英治 准教授 (理工学術院 基幹理工学部)
もっと読む
1782
ナノ・材料
掲載日:2016/04/08
特開2016-157932

電力素子

川原田 洋 教授 (理工学術院 基幹理工学部)
もっと読む
2016-0204-01
ナノ・材料
掲載日:2016/02/04

高機能化CNT細線の開発

金 太成 (理工学術院 機械科学・航空学科)
共同研究者:酒井 貴広 、細井 厚志 准教授 、川田 宏之 教授
◆垂直配向CNTアレイから無撚CNT糸を連続的に紡績 (Fig.1)◆電解めっき処理によってCNT複合繊維を創製 (Fig.2)◆様々な金属によるめっき形態の制御が可能 (Fig.3)◆銅線の36.1%にあたる2.14×107 S/mの電気伝導率を達成
もっと読む
2016-0203-09
ナノ・材料
掲載日:2016/02/03

マイクロ流体白色有機EL

小林 直史 (理工学術院 基幹理工学研究科 電子物理システム学専攻)
共同研究者:庄子 習一 教授 、水野 潤 上級研究員
◆液体発光材料として青緑色と黄色の液体有機半導体を使用◆集積化された60µm幅の微細マイクロ流路を作製◆青緑色と黄色液体材料をマイクロ流路に交互に注入 (Fig. 3)◆青緑色と黄色の同時発光により白色光の実現 (Fig. 4 (a),(b))
もっと読む
2016-0203-08
ナノ・材料
掲載日:2016/02/03

ナノダイヤモンドp型透明電極

川原田 洋 教授 (理工学術院 基幹理工学部)
共同研究者:古閑 三靖
◆高濃度ボロンをドープしても、高い透明性および優れた電気特性を有するナノダイヤモンドp型透明電極体の製造方法◆アンドープのダイヤモンド層上に高濃度ドープ層を重ねた2層構造を形成して実現
もっと読む
2016-0203-07
ナノ・材料
掲載日:2016/02/03

ダイヤモンド基板上の垂直配向グラファイト層

川原田 洋 教授 (理工学術院 基幹理工学部)
共同研究者:稲葉 優文 助手
◆ダイヤモンド(100)表面に高温イオン注入する◆注入後の熱処理(1700℃、2時間)により、格子間の炭素原子が表面に拡散◆垂直配向グラファイト層が形成
もっと読む
2016-0203-06
ナノ・材料
掲載日:2016/02/03

多結晶ダイヤモンド上のパワーMOSFET

川原田 洋 教授 (理工学術院 基幹理工学部)
共同研究者:モフド シャムスル ナシリク ビン サムソル バハリン   、稲葉 優文 助手 、北林 祐哉 、柴田 将暢
◆多結晶ダイヤモンド(黒い)上にMOSFETを作製 ◆顕著な変調・良好なデバイス特性◆逆阻止耐圧1800Vを達成
もっと読む
2016-0203-05
ナノ・材料
掲載日:2016/02/03

「埋もれた界面」の計測技術 - SERSを用いたプラズモンセンサ及び測定システム

本間 敬之 教授 (理工学術院 先進理工学部 応用化学科)
◆ナノスケールでの固液界面など材料表面から埋もれた界面や原子レベルの化学構造変化が測定可能
もっと読む
2016-0203-04
ナノ・材料
掲載日:2016/02/03

近接場分光顕微装置

井村 考平 教授 (理工学術院 先進理工学部)
共同研究者:溝端 秀聡
◆ナノメートルの空間分解能で試料の分光特性評価が可能◆単一波長での測定に限定されていた反射観察を多波長に拡張◆「位相ステッピング法」により広帯域かつ高精度の分光測定を実現◆測定対象が不透明なものでも測定可能に
もっと読む
CSVダウンロード