高齢者のバランス能力評価のための装着型センサ

2015-1215-05
研究者名
所属
専門分野
知能機械学・機械システム,外科系歯学
キーワード

背景

◆国内外において65歳以上の高齢者の割合が増加
◆高齢者の健康に対する主要な懸念事項:転倒
◆高齢者のバランス保持や回復の支援に多くの労力が必要
◆バランスの定量的評価が必要

シーズ概要

◆慣性測定ユニット(IMU)により動きを計測(Fig. 1)
◆成人を対象とした片足立ち試験(Fig. 2)
◆片足立ち試験の自動分析(Fig. 3)
◆歩行異常の自動認識(Fig. 4)

優位性

◆短時間で簡単に準備と調整が可能
◆屋内外を問わない使用範囲
◆在宅での計測が可能

応用・展開

◆バランスの調査
◆歩行分析
◆リハビリテーションの効果の継続的な評価

資料

  • Fig.1 Waseda Bioinstrumentation 4R (WB 4R)
  • Fig.2 One Leg Stance test
  • Fig.3 One Leg Stance segmentation
  • Fig.4 Gait abnormality detection

共同研究者

セッサ サルバトーレ 講師 (当時)

掲載日: 2015/12/15