検索結果

  詳細検索を表示する
  • 61-80 / 全415件中
  • 表示数
  • 新着順
  • 研究者名順
  • 所属順
2212
情報通信
掲載日:2021/04/09
特開2021-39455

3D高精細CG画像の高速レンダリング (煙、炎等の反射を高速描画)

森島 繁生 教授 (理工学術院 先進理工学部)
非均一関与媒質が物体の表面に反射して見える映り込みを計算するレンダリング方法であり◆ 煙や炎を含む三次元領域をスライス状の面光源の重なりと見なす  ◆ 各スライスが照らす明るさは解析的かつ瞬時に計算可能◆ 媒質を伝わる光の間接照明効果を効率的かつリアルに表現可能
もっと読む
2237
情報通信
掲載日:2021/03/24
特開2021-22290

電気機器の動作監視、異常検出方法

小川 哲司 教授 (理工学術院 基幹理工学部)
動作部と制御部を有する電気機器(フライホイール等)の制御状態監視方式であり、状態データ(制御信号等)を用いて、動作部が所定の目的状態(【例】X,100回転での運転 / Y:70回転での運転 )であることを示す特徴データ(尤度等)をパターン認識により得て抽出する状態推定器と、その特徴データを用いて...
もっと読む
2413
情報通信
掲載日:2021/03/18
特開2022-116906

オンライン会議中に音声チャットを可能とするサブチャンネル付きミーティングシステム

中川 純 講師 (理工学術院 創造理工学部) (当時)
もっと読む
2357
情報通信
掲載日:2021/03/15

レーザービームスキャナ

北 智洋 教授 (理工学術院 先進理工学部)
もっと読む
2217
ナノ・材料
掲載日:2021/01/22
特開2020-202115

正極材および蓄電デバイス

小柳津 研一 教授 (理工学術院 先進理工学部)
もっと読む
2163
ものづくり技術
掲載日:2021/01/22
特開2020-192491

α-オレフィンの製造方法

黒田 一幸 教授 (理工学術院 先進理工学部) (当時)
もっと読む
2354
ライフサイエンス
掲載日:2021/01/12

光スイッチ

北 智洋 教授 (理工学術院 先進理工学部)
もっと読む
2020-1124-03
ナノ・材料
掲載日:2020/12/17

単一入力信号によるMEMSマイクロミラーの3次元駆動

岩瀬 英治 教授 (理工学術院 基幹理工学部)
◆ 単一の駆動機構により3つの共振モードを出力◆ 3つの共振周波数を重ね合わせた一つの信号の入力によって3次元に駆動
もっと読む
2020-1124-01
ナノ・材料
掲載日:2020/12/17

窒化ホウ素ナノチューブ(BNNT)の新規製造方法

野田 優 教授 (理工学術院 先進理工学部)
◆ 新規なBNNTの製造方法     ―ホウ酸蒸気を用いたCVD法による製造方法
もっと読む
2020-1124-02
ナノ・材料
掲載日:2020/12/17

異種接合材の純モード 層間破壊靱性評価試験法の開発

細井 厚志 教授 (理工学術院 基幹理工学部)
◆ DCB試験の応用 ◆ 異種材接合に伴う混合モードの影響を除去◆ 熱残留応力の影響をキャンセル◆ 正確なモードⅠ層間破壊靱性の評価  
もっと読む
2216
ものづくり技術
掲載日:2020/12/08
特開2020-186177

イソブチレンの製造方法

松方 正彦 教授 (理工学術院 先進理工学部)
もっと読む
2367
社会基盤
掲載日:2020/11/18
特開2022-28161

高速かつバックドライバブルな方向変換装置及び動力伝達システム

亀崎 允啓 主任研究員 (理工学術院 理工学術院総合研究所)
本発明は、所望とする高いバックドライバビリティを得ることができ、且つ、方向変換時の応答性を向上させることができる方向変換装置及び動力伝達システムを提供することにある。具体的には,機能性流体の粘性に応じた歯車機構の動作調整と、ブレーキ機構の切り換えによる収容体の自転の有無とを組...
もっと読む
2291
ナノ・材料
掲載日:2020/11/12
特開2021-140999

CNT-PSS透明導電膜:簡易・柔軟・低抵抗・安定

野田 優 教授 (理工学術院 先進理工学部)
◆ PSS水溶液にCNTを分散させて製膜する だけの簡易な手法の提供  ◆ 低抵抗(115 Ω/sq)、高透過率(90%)、 高い耐久性(>1000 h)、耐熱性(250 C)を実現
もっと読む
2316
ナノ・材料
掲載日:2020/11/12

ダイヤモンド電界効果トランジスタ及びその製造方法

川原田 洋 教授 (理工学術院 基幹理工学部)
もっと読む
2293
ナノ・材料
掲載日:2020/11/12

窒化ホウ素ナノチューブの製造方法

野田 優 教授 (理工学術院 先進理工学部)
もっと読む
2179
ものづくり技術
掲載日:2020/11/09
特開2020-157275

エチレンの分離方法

松方 正彦 教授 (理工学術院 先進理工学部)
もっと読む
2205
環境
掲載日:2020/11/09
特開2020-175344

二酸化炭素の固定化方法

中垣 隆雄 教授 (理工学術院)
もっと読む
2387
社会基盤
掲載日:2020/11/09
特開2022-60801

自律移動サービスロボットのための先導・追従行動計画システム

亀崎 允啓 主任研究員 (理工学術院 理工学術院総合研究所)
本発明は、所定の目的地まで歩行者等の移動対象を先導し、また、荷物運搬や警護等のために移動対象に追従するタスクを行うための自律移動ロボット、並びに、その制御装置及び制御プログラムに関するものであり、混雑した空間内において想定される様々な不測の事態に対応しながら、サービスタスクを...
もっと読む
2392
社会基盤
掲載日:2020/11/09

クラッチ機構を用いた動的重力補償ロボットシステム

シュミッツ アレクサンダー 准教授 (理工学術院 大学院創造理工学研究科)
もっと読む
2020-1012-01
ライフサイエンス
掲載日:2020/10/27

COVID-19の超高感度抗原検査

伊藤 悦朗 教授 (教育・総合科学学術院)
◆ 抗原(タンパク質)を検出するシグナルを増幅することで高感度化が可能となる。我々は、サンドイッチELISA法にチオNADサイクリング法を組み合わせて、SARS-CoV-2のS1タンパク質を検出する超高感度抗原検査法を開発した。
もっと読む
CSVダウンロード