検索結果

  詳細検索を表示する
  • 81-100 / 全410件中
  • 表示数
  • 新着順
  • 研究者名順
  • 所属順
2225
情報通信
掲載日:2019/11/08

複数の視野外障害物を検知するシステム

川西 哲也 教授 (理工学術院 基幹理工学部)
もっと読む
2196
ナノ・材料
掲載日:2019/10/23
特開2021-45711

ゼオライト膜複合体の製造方法及びゼオライト膜複合体

松方 正彦 教授 (理工学術院 先進理工学部)
本発明は、ゼオライト膜複合体の製造方法及びゼオライト膜複合体に関する。さらに詳しくは、多孔質支持体上にFAUゼオライトを成膜した、オレフィン/パラフィン混合流体からオレフィンを選択的に分離することが可能なゼオライト膜複合体の製造方法及びゼオライト膜複合体に関する。
もっと読む
2019-1021-07
ライフサイエンス
掲載日:2019/10/21

細胞の内在的賦活化を標的とした化粧品開発

原 太一 教授 (人間科学学術院 人間科学部)
◆ オートファジーによる細胞内浄化能を高めることで変性タンパク質の蓄積を軽減させる。      ◆ 損傷ミトコンドリアの除去機構(マイトファジー)を誘導し活性酸素の発生源を絶つ。◆ 細胞のストレス応答機構を高めることで加齢や環境ストレスから皮膚老化を内在的に防ぐ。...
もっと読む
2019-1021-08
ライフサイエンス
掲載日:2019/10/21

骨髄増殖性腫瘍の病態モニタリング

常田 聡 教授 (理工学術院)
◆ JAK2V617F変異の変異率で蛍光強度が変化する核酸プローブを使用◆ 次世代シークエンサー(NGS)と同等の定量精度◆ 変異量の微細な変化をモニター可能
もっと読む
2019-1021-06
ライフサイエンス
掲載日:2019/10/21

超高感度・高速生体分子検出法

宗 慶太郎 客員主任研究員 (理工学術院)
共同研究者:Runkai Hu 、武岡 真司 教授
◆  検出原理をアナログ方式からデジタル方式に転換する ◆  1分子を検出できる超高感度検出プローブを開発する◆  高速1分子デジタル計数法による定量技術を実用化する
もっと読む
2019-1021-03
ライフサイエンス
掲載日:2019/10/21

ゆるんだコラーゲンを標的としたセラノスティクス

小出 隆規 教授 (理工学術院)
◆ 環状化することによる標的親和性の大幅な向上◆ 構造-活性相関を用いた環状CMP(cyclic CMP, cCMP)デザインの最適化
もっと読む
2019-1021-02
ライフサイエンス
掲載日:2019/10/21

カロリー制限による抗老化作用を応用した機能性分子の評価および探索

千葉 卓哉 教授 (人間科学学術院)
◆ カロリー制限によるアンチエイジング作用を模倣する物質を同定する。      ◆ カロリー制限の効果を模倣する物質を評価する、迅速かつ簡便なスクリーニング系を開発した。◆ 動物実験と細胞実験のどちらでも、スクリーニング可能である。
もっと読む
2019-1021-01
ライフサイエンス
掲載日:2019/10/21

早い!簡単!正確!オンリーワンの診断を目指して

伊藤 悦朗 教授 (教育・総合科学学術院 教育学部)
◆ タンパク質そのものは増幅ができないので、得られてくるシグナルを増幅することが必要となる。そこで我々は、サンドイッチELISA法にチオ‐NADサイクリング法を組み合わせた極微量タンパク質の検出方法の開発に成功した。
もっと読む
2167
ものづくり技術
掲載日:2019/10/16

多官能化合物及びその製造方法、アミック酸化合物及びその製造方法、並びにイミド化合物の製造方法

須賀 健雄 准教授 (理工学術院 先進理工学部)
もっと読む
2198
エネルギー
掲載日:2019/10/16

重合体、硬化性組成物、硬化膜及び重合体の製造方法

西出 宏之 特任研究教授 (理工学術院 理工学術院総合研究所) (当時)
もっと読む
2247
社会基盤
掲載日:2019/10/16

自己伸展型長尺構造物

石井 裕之 准教授 (理工学術院 理工学術院総合研究所)
もっと読む
2246
社会基盤
掲載日:2019/10/16

妊婦超音波検査ロボットにおける画像鮮明性を維持可能な腹部非下降走査デバイス

岩田 浩康 教授 (理工学術院 創造理工学部)
もっと読む
2214
ナノ・材料
掲載日:2019/10/16

カーボンナノチューブの製造装置および製造方法

野田 優 教授 (理工学術院 先進理工学部)
もっと読む
2086
ものづくり技術
掲載日:2019/09/13

微細なハイドロタルサイトを含有する吸着剤の製造方法

松方 正彦 教授 (理工学術院 先進理工学部)
もっと読む
2233
ナノ・材料
掲載日:2019/09/04
特開2021-20828

世界初、10 cm以上のCNTフォレスト

杉目 恒志 次席研究員 (付属機関・学校 高等研究所) (当時)
◆ 新規合成手法による長尺CNTフォレスト    触媒構成 × 反応装置
もっと読む
2220
社会基盤
掲載日:2019/07/30
特開2020-197952

ドライバーの状況認識推定・安全運転システム

亀崎 允啓 主任研究員 (理工学術院 理工学術院総合研究所)
本発明は、状況認識推定システム及び運転支援システムに係り、更に詳しくは、所定の対象者の周囲を相対移動する認識対象物について、その対象者が適切に認識しているか否かを推定する状況認識推定システム、及び当該状況認識推定システムを利用して、対象者による自動車等の移動体の運転支援を行う...
もっと読む
2130
ナノ・材料
掲載日:2019/07/30
特開2019-94494

重合体、樹脂組成物、防汚塗料組成物、重合体の製造方法、塗膜の表面にカルバメートを安定化する構造を生成する方法、塗膜の表面にカルバメートを安定化する構造を再生する方法

須賀 健雄 准教授 (理工学術院 先進理工学部)
 発明は、重合体、樹脂組成物、防汚塗料組成物、重合体の製造方法、塗膜の表面にカルバメートを安定化する構造を生成する方法、塗膜の表面にカルバメートを安定化する構造を再生する方法に関する。
もっと読む
427JPDIV
ものづくり技術
掲載日:2019/07/05
第6667765号

電極接続方法及び電極接続構造

巽 宏平 教授 (理工学術院 大学院情報生産システム研究科)
もっと読む
2182
社会基盤
掲載日:2019/07/05
特開2020-143686

MR流体を用いた逆可動性を有する小型パワフルアクチュエータ

亀崎 允啓 主任研究員 (理工学術院 理工学術院総合研究所)
 人の代替労働力・サポート手段として活躍が期待されるロボットのアクチュエータには、高出力性や高応答性、機構的高柔軟性、堅牢性、良制御性、高エネルギー効率といった諸特性を兼ね備えることが求められている。本シーズは、特に,高出力性と逆可動性という特長を有する磁気粘性流体(MR流体)...
もっと読む
2019-0312-07
ナノ・材料
掲載日:2019/04/22

高強度,高導電性,軽量CNT細線の開発

川田 宏之 教授 (理工学術院 基幹理工学部)
◆ 垂直配向CNTアレイから無撚CNT糸を作製(Fig. 1)◆ 黒鉛化処理によってCNTの不純物,欠陥構造を除去◆ ポリマーや金属を複合し(Fig. 2) ,CNT間に荷重伝達力と導電性を付与
もっと読む
CSVダウンロード