生体動作・組織変形の計測用ナノシート

2018-1026-02

背景

◆ 生体組織(柔軟材料)の変形計測および動作計測技術
◆ 生体組織への直接のマーキングは被験者への負担大
◆ モーションキャプチャは専用のウエアを必要とする。

シーズ概要

◆ 高い柔軟性を有する高分子ナノシートを基材に利用
◆ ナノシートに一定間隔のドットを標識
◆ ドットの位置情報の変化を元に動作・変形を推定

優位性

◆ 粘着剤を用いることなく生体組織(例:皮膚)に貼付可能
◆ 生体組織の変形(屈伸、伸縮)に対する干渉を極限まで低減
◆ 解析後は生体組織から簡便に剥離可能であり、生体組織表面にマーキングの跡が残らない。(ドットの標識方法はインク ジェット印刷にも対応可能)

応用・展開

◆ ロボットなどの応用に向けた生体組織変形の計測
◆ スポーツ応用などに向けた身体動作の計測
◆ 手術現場(切開部のマッピング)

資料

掲載日: 2018/10/26