超薄膜 光ルミネッセンスセンサー

2017-0223-05
研究者名
所属
専門分野
生体医工学・生体材料学,高分子・繊維材料,ナノバイオサイエンス
キーワード

背景

◆ 生体情報のセンシング技術
◆ 従来技術における課題:細胞から組織までをシームレスに可視化、生体組織表面への安定なプローブの固定、振動する対象物の観察

シーズ概要

◆ 自己支持性高分子ナノシート(数十~数百ナノメートル厚)からなる光ルミネッセンスセンサー
◆ 担持するセンサー色素の種類に応じて検出項目を選択可能(例:温度・酸素濃度)
◆ レシオメトリックな生体情報のセンシング

優位性

◆ 生体組織などの凹凸表面に接着剤不要で貼付
◆ 超薄膜状構造により高い時空間分解能を達成
◆ 幅広いマッピング領域(細胞数個から組織まで)

応用・展開

◆ 貼れるセンサー(高い時空間分解能・使い捨て可)
◆ 極限環境(宇宙・深海),手術現場(脳・血管)

資料

  • 二層構造を有するレシオメトリック発光センサー
  • 生体組織の温度マッピング(例:カブトムシの背部筋肉)
  • ナノシートセンサーの温度感受性・空間分解能

共同研究者

佐藤 裕崇 (Nanyang Technological University) , 武岡 真司 教授

掲載日: 2017/02/23