検索結果

  詳細検索を表示する
  • 1-20 / 全48件中
  • 表示数
  • 新着順
  • 研究者名順
  • 所属順
2228
ライフサイエンス
掲載日:2021/11/15
特開2021-129501

細胞を配向させる細胞培養基材、及びその製造方法

梅津 信二郎 教授 (理工学術院 創造理工学部)
培養細胞から機能的組織を再構築する際に生体組織と同様の異方性・配向性を付与することのできる培養表面の加工手法。赤外線レーザーを市販の細胞培養容器表面に照射すると照射部の細胞接着性が低下するとともに、照射部で細胞の移動が妨げられ、細胞易接着部を一定幅の細長い領域とすることで、接...
もっと読む
2326
環境
掲載日:2021/10/11
特開2021-137692

水処理方法及び水処理装置

榊原 豊 教授 (理工学術院 創造理工学部)
もっと読む
2177
ナノ・材料
掲載日:2021/04/20
特許6818330号

重金属類吸着剤およびその製造方法

山崎 淳司 教授 (理工学術院 創造理工学部)
自然由来土壌、工場跡地等及び廃棄物焼却灰から溶出する重金属類を吸着して不溶化剤として作用する重金属類吸着剤、不溶化剤およびその製造方法に関するものである。
もっと読む
2392
社会基盤
掲載日:2020/11/09

クラッチ機構を用いた動的重力補償ロボットシステム

シュミッツ アレクサンダー 准教授 (理工学術院 大学院創造理工学研究科)
もっと読む
2363
社会基盤
掲載日:2020/08/21

人の予測位置確率分布に基づく干渉度合いに応じた自律移動ロボットの軌道計画アルゴリズム

亀崎 允啓 主任研究員 (理工学術院 理工学術院総合研究所)
もっと読む
2133
社会基盤 フロンティア
掲載日:2020/07/08
特開2020-95421

運転者負荷に応じて情報提示の感覚およびタイミングを調整する支援技術

亀崎 允啓 主任研究員 (理工学術院 理工学術院総合研究所)
支援情報は,適切でない感覚(視覚,聴覚,触覚)とタイミングで提供されると授受者に看過されてしまう可能性が高まるが,従来の情報支援技術の多くは,この感覚とタイミングが固定であった.本発明では,適切な情報提供を行うため,運転者が感じる負荷に応じて感覚・タイミングを調整する情報提示...
もっと読む
2020-0131-01
ナノ・材料
掲載日:2020/02/06

触れるだけで通信可能なナノシート電子デバイス

岩田 浩康 教授 (理工学術院 創造理工学部)
◆ 高分子ナノシートを基材とする柔軟な電子デバイス       ◆ 電界式NFC(eNFC)による無線給電・通信   ◆ 装着の違和感がない次世代ウェアラブルデバイス  
もっと読む
2246
社会基盤
掲載日:2019/10/16

妊婦超音波検査ロボットにおける画像鮮明性を維持可能な腹部非下降走査デバイス

岩田 浩康 教授 (理工学術院 創造理工学部)
もっと読む
2220
社会基盤
掲載日:2019/07/30
特開2020-197952

ドライバーの状況認識推定・安全運転システム

亀崎 允啓 主任研究員 (理工学術院 理工学術院総合研究所)
本発明は、状況認識推定システム及び運転支援システムに係り、更に詳しくは、所定の対象者の周囲を相対移動する認識対象物について、その対象者が適切に認識しているか否かを推定する状況認識推定システム、及び当該状況認識推定システムを利用して、対象者による自動車等の移動体の運転支援を行う...
もっと読む
2182
社会基盤
掲載日:2019/07/05
特開2020-143686

MR流体を用いた逆可動性を有する小型パワフルアクチュエータ

亀崎 允啓 主任研究員 (理工学術院 理工学術院総合研究所)
 人の代替労働力・サポート手段として活躍が期待されるロボットのアクチュエータには、高出力性や高応答性、機構的高柔軟性、堅牢性、良制御性、高エネルギー効率といった諸特性を兼ね備えることが求められている。本シーズは、特に,高出力性と逆可動性という特長を有する磁気粘性流体(MR流体)...
もっと読む
2018-1123-04
ライフサイエンス
掲載日:2018/11/23

人工臓器作製のための人工血管ユニット

梅津 信二郎 教授 (理工学術院 創造理工学部)
共同研究者:坂口 勝久 准教授 、秋元 渓 、大矢 貴史
◆ チタン線やハイドロゲルを用いて管腔構造を作製       ◆ 血管内皮細胞を接着させたチタン線を用いることで人工血管構造を作製 ◆ 作製した人工血管内へ灌流を行う
もっと読む
2018-0927-07
ライフサイエンス
掲載日:2018/09/27

皮膚に優しいケミカル健康モニタ

大橋 啓之 上級研究員 (研究院(研究機関) ナノ理工学研究機構)
共同研究者:片岡 孝介 次席研究員 、隼田 大輝 、宮林 駿 、佐藤 慎 、黒岩 繁樹 主任研究員 、多和田 雅師 次席研究員 、岩田 浩康 教授 、門間 聰之 教授 、戸川 望 教授 、朝日 透 教授 、逢坂 哲彌 特任研究教授
◆ 高分子ナノシートで超小型センサモジュールを皮膚に貼り付け(Fig.2(a))◆ 量産に適したシリコンpH(イオン)センサチップと超小型参照電極(Fig.2(b))◆ 近接通信(NFC)により電池なしでセンサを直接駆動(Fig.2(c))
もっと読む
2067
社会基盤
掲載日:2018/06/13
特開2019-202097

心電モニタリングシステム

梅津 信二郎 教授 (理工学術院 創造理工学部)
もっと読む
1985
社会基盤
掲載日:2018/01/23
特開2019-101765

ドローンを使った移動体操作のための映像提示と自動制御システム

亀崎 允啓 主任研究員 (理工学術院 理工学術院総合研究所)
 遠隔操作ロボットを多種多様な作業環境に適用するためには,作業環境中の任意の位置,角度からの映像を提示することが効果的であることから,マルチ飛行カメラを用いた「状況に応じて適応的に調整を行う映像提示システム」を提案する.1つの画面に対して一貫した映像を提示する「連続性」と映像シ...
もっと読む
1991
社会基盤
掲載日:2018/01/15
特開2019-84088

超音波プローブ移動装置

岩田 浩康 教授 (理工学術院 創造理工学部)
もっと読む
1986
社会基盤
掲載日:2018/01/15
特開2019-84641

「ロボットから人への意図伝達度」に着目した移動ロボットの行動戦略

亀崎 允啓 主任研究員 (理工学術院 理工学術院総合研究所)
 移動体と移動障害物との協調移動のために,「ロボットから人への意図伝達度」に着目した人状態推定手法を開発し,双方の動作結果を踏まえた連続的な働きかけ手法を提案する.ロボットのすれ違い幅から働きかけの必要性を判定する「干渉度」,人のロボットに対する認知の有無を判断する「認知度」...
もっと読む
1913
社会基盤
掲載日:2017/06/20
特許第6916500号

能動的接触力調整エンドエフェクタ

汪 偉 次席研究員 (理工学術院)
もっと読む
1912
社会基盤
掲載日:2017/06/20
特許第6866981号

停電時の安全性を持つ可変トルクリミッタ

シュミッツ アレクサンダー 准教授 (理工学術院 大学院創造理工学研究科)
もっと読む
1911
社会基盤
掲載日:2017/06/20
特開2018-158389

可変トルクリミットアクチュエータの制御システム

シュミッツ アレクサンダー 准教授 (理工学術院 大学院創造理工学研究科)
もっと読む
1616
社会基盤
掲載日:2017/02/20
特開2016-142320

MR流体を用いたバックドライバブルアクチュエータ

亀崎 允啓 主任研究員 (理工学術院 理工学術院総合研究所)
高応答・高出力・安全性が求められる次世代のロボットシステムには、予期しない外力の付与に対して迅速に応答可能な柔軟性を有する新たなアクチュエータが要請されている。 本シーズは、応答時間の短縮化を図るとともに、比較的簡易な構成で柔軟性を発揮させることができるバックドライバブルアク...
もっと読む
CSVダウンロード