ソフト電池

2019-0312-05
研究者名
所属
専門分野
反応工学・プロセスシステム,ナノバイオサイエンス
キーワード

背景

◆ 現在の二次電池の構造では、活物質以外の付随物が電池内の大きな質量の割合を占めている
◆ 電池の質量とコストの最小化への要求-安定なセパレータを基礎に付随物の最小化、活物質の最大化がカギ

シーズ概要

◆ 独自のCNTスポンジ電極の組合せ、多量のLiイオンを出入れする正負の電極の提供  
◆ CNTのスポンジ電極により、正極が膨張したとき負極は収縮するので体積が一定に保たれる
◆ 金属箔を用いない構造、付随物を最小化した「無駄のない」新規構造の二次電池

資料

共同研究者

堀 圭佑 助手

掲載日: 2019/04/22