圧電薄膜フィルムを用いた安価な振動発電素子

2018-1026-07
研究者名
所属
専門分野
ナノマイクロシステム,計測工学
キーワード

背景

◆ セラミック系圧電材料(PZT等)は機械的強度が脆い
◆ 高分子系圧電材料はフレキシブルで丈夫だが出力インピーダンス が高い
◆ 高分子系圧電材料は高電圧(1000V以上)による分極処理が必須

シーズ概要

◆ 圧電POLYMER溶液のスピンコートによる薄膜化 
◆ インクジェットプリンタを用いた電極形成
◆ 分極処理を不要に

優位性

◆ 製造設備が安価
◆ さまざまな材料の上に形成可能
◆ 応力分散積層構造による出力の増強

応用・展開

◆ 振動発電、風力発電
◆ ウエアラブル発電
◆ 新規センサー

資料

共同研究者

笹川 健太 (理工学術院 電子物理システム学科) , 佐々木 敏夫 次席研究員 , 中嶋 宇史 (東京理科大学) , 庄子 習一 教授 (理工学術院 基幹理工学部 電子光システム学科)

掲載日: 2018/10/26