検索結果

  詳細検索を表示する
  • 1-7 / 全7件中
  • 表示数
  • 新着順
  • 研究者名順
  • 所属順
1359
情報通信
掲載日:2014/05/14
特開2014-71546

見るだけで触感が伝わるシステム

河合 隆史 教授 (理工学術院 基幹理工学部 表現工学科)
仮想物体の立体映像と、ユーザの身体部位との重畳表示を行うことで、視覚によって「触錯覚(実際には触れていないのに触覚を感じる)」を誘発する、触錯覚呈示装置。ヒトの認知特性である、視覚と触覚という異なる感覚間の相互作用(クロスモーダル)を利用している。
もっと読む
1116
情報通信
掲載日:2013/12/25
特許4856775号

立体映像呈示装置

河合 隆史 教授 (理工学術院 基幹理工学部 表現工学科)
レンチキュラー等の立体(3D)映像呈示方式を含む複数の画像提示方式と画像提示面を組み合わせることによって、立体(3D)映像を自然かつ精緻に表現できるようにした立体映像呈示装置。
もっと読む
1009
情報通信
掲載日:2013/12/25
第5505881号

項目選択方法および装置

河合 隆史 教授 (理工学術院 基幹理工学部 表現工学科)
3D映像は映画、携帯電話、ゲーム等に取り入れられ、多くのコンテンツや機器類が市場へ導入されている。この発明は、視聴者の眼の焦点深度に着目し3D映像を調整・再生するための技術であり、視聴者が違和感・疲労感を感じずに3D映像を鑑賞することが可能となる。
もっと読む
445
情報通信
掲載日:2013/12/25
第4975256号

立体映像呈示装置

河合 隆史 教授 (理工学術院 基幹理工学部 表現工学科)
画像呈示面の傾斜角度や観察者から呈示面までの視距離など、再生時の環境の変化に対応した画像呈示制御を実時間で行うことで、立体映像を自然かつ精緻に表現する装置を提供する。従って、観察者に対して一方的に立体映像を呈示するのではなく、観察者の動きや操作に応じて、インタラクティブ性を備...
もっと読む
315
情報通信
掲載日:2013/12/25
第4549661号

立体映像呈示装置

河合 隆史 教授 (理工学術院 基幹理工学部 表現工学科)
光学補正を行い、立体映像観察時の調整と輻湊の不整合を軽減する立体ディスプレイシステムを提供する。ソフトウェアにより呈示された立体像の再生位置に同期して画像呈示面を移動させる。
もっと読む
293
情報通信
掲載日:2013/12/25
第4469159号

立体映像評価装置および立体映像チューナ

河合 隆史 教授 (理工学術院 基幹理工学部 表現工学科)
立体映像の市場が活発化しており、コンテンツをとりまく“視覚負担の度合い”という「安全性」や“適正な奥行き感が得られるか”といった「快適性」を評価するシステムが望まれている。そこで、簡易かつ効果的に立体映像を評価でき、この評価結果に基づき最適化した状態で立体映像を提示できるシステム...
もっと読む
82
情報通信
掲載日:2013/12/25
第4617024号

立体映像信号の編集方法、及び立体映像撮影用のビデオカメラの光学アダプタ装置

河合 隆史 教授 (理工学術院 基幹理工学部 表現工学科)
立体映像の入力/編集方式についての発明であり、1台のカメラを時分割で左右の映像を取り込み、それぞれの映像をソフトで統合管理する。これにより、立体映像のズーム、回転等の映像効果を安価に、柔軟に実現できる。
もっと読む
CSVダウンロード