検索結果

  詳細検索を表示する
  • 61-80 / 全412件中
  • 表示数
  • 新着順
  • 研究者名順
  • 所属順
2011-0906-04
社会基盤
掲載日:2011/09/06

グリーンメーカー・グリーンコンシューマーを育てる指標づくり

鷲津 明由 教授 (社会科学総合学術院 社会科学部)
企業の環境配活動がもたらす環境影響評価を幅広い視点から評価するために産業連関分析の手法を応用する。また、消費者行動や、企業自身の行動を相対的に評価・分析するために、家計調査、工業統計調査など、社会統計を用いた計量経済学的手法を応用する。 それによって、消費者の満足度(効用指標)...
もっと読む
2484
社会基盤
掲載日:2021/10/12

目的地周辺の人の位置やロボットのタスク内容等に合わせて適切なゴール位置を動的探索するシステム

亀崎 允啓 主任研究員 (理工学術院 理工学術院総合研究所)
もっと読む
2485
社会基盤
掲載日:2021/09/06

接触力と連続的な剪断力を提示可能な3軸ウェアラブルハプティックデバイス

亀崎 允啓 主任研究員 (理工学術院 理工学術院総合研究所)
もっと読む
2416
環境
掲載日:2021/06/23

空気中の二酸化炭素を除去する方法

マイヤズ コーリ アダム 次席研究員 (理工学術院 理工学術院総合研究所)
もっと読む
2408
ものづくり技術
掲載日:2021/03/15

酸素及び水素の水分解による製造方法

西出 宏之 特任研究教授 (理工学術院 理工学術院総合研究所) (当時)
もっと読む
2367
社会基盤
掲載日:2020/11/18

動力伝達機構

亀崎 允啓 主任研究員 (理工学術院 理工学術院総合研究所)
もっと読む
2387
社会基盤
掲載日:2020/11/09

自律移動ロボットのサービスタスク運用のための先導・追従行動計画を可能にする制御システム

亀崎 允啓 主任研究員 (理工学術院 理工学術院総合研究所)
もっと読む
2363
社会基盤
掲載日:2020/08/21

人の予測位置確率分布に基づく干渉度合いに応じた自律移動ロボットの軌道計画アルゴリズム

亀崎 允啓 主任研究員 (理工学術院 理工学術院総合研究所)
もっと読む
2133
社会基盤 フロンティア
掲載日:2020/07/08
特開2020-95421

運転者負荷に応じて情報提示の感覚およびタイミングを調整する支援技術

亀崎 允啓 主任研究員 (理工学術院 理工学術院総合研究所)
支援情報は,適切でない感覚(視覚,聴覚,触覚)とタイミングで提供されると授受者に看過されてしまう可能性が高まるが,従来の情報支援技術の多くは,この感覚とタイミングが固定であった.本発明では,適切な情報提供を行うため,運転者が感じる負荷に応じて感覚・タイミングを調整する情報提示...
もっと読む
2321
社会基盤
掲載日:2020/06/17

遠隔操作型ロボットシステム

大谷 拓也 次席研究員 (理工学術院 理工学術院総合研究所)
もっと読む
2356
社会基盤
掲載日:2020/06/17

複数人移動予測に基づく混雑環境下で接近・接触しながら移動可能なロボットの経路生成アルゴリスム

亀崎 允啓 主任研究員 (理工学術院 理工学術院総合研究所)
もっと読む
2062
ライフサイエンス
掲載日:2020/04/14
特願2018-158059

生体外で創る血管病モデルと薬剤スクリーニングへの応用

八木 高伸 主任研究員 (理工学術院 理工学術院総合研究所)
患者の血管病の病態に近似し、簡便かつ短期間で作製 可能で、血管組織が正常から病態へと経時間的に変化す るプロセスを解明することが可能な、ex vivoの疾患モ デルの作製方法を確立し、血管病の予防又は治療のため の薬剤のスクリーニングに利用可能な疾患モデルを提供 することを課題とする。
もっと読む
2278
エネルギー
掲載日:2020/03/12
特開2021-113141

水素の製造方法

西出 宏之 特任研究教授 (理工学術院 理工学術院総合研究所) (当時)
本発明は、新規で環境適合かつ水素生成速度が極めて高い水素の製造技術に関するものである。
もっと読む
2020-0131-08
ナノ・材料
掲載日:2020/02/06

太陽光下・水からの極めて簡便な過酸化水素の製造法

西出 宏之 特任研究教授 (理工学術院 理工学術院総合研究所) (当時)
共同研究者:岡 弘樹 (当時)
◆ ポリチオフェン類のフィルムが太陽光を吸収しかつ酸素の還元触媒として作動することを見出 した。 汎用廉価な水の酸化触媒と貼り合わせ、弱アルカリ水に浸漬、太陽光照射すると画期的に高い速度で (>140 mg (H2O2) g-1 h-1) 過酸化水素を製造できる。
もっと読む
2198
エネルギー
掲載日:2019/10/16

重合体、硬化性組成物、硬化膜及び重合体の製造方法

西出 宏之 特任研究教授 (理工学術院 理工学術院総合研究所) (当時)
もっと読む
2247
社会基盤
掲載日:2019/10/16

自己伸展型長尺構造物

石井 裕之 准教授 (理工学術院 理工学術院総合研究所)
もっと読む
2220
社会基盤
掲載日:2019/07/30
特開2020-197952

ドライバーの状況認識推定・安全運転システム

亀崎 允啓 主任研究員 (理工学術院 理工学術院総合研究所)
本発明は、状況認識推定システム及び運転支援システムに係り、更に詳しくは、所定の対象者の周囲を相対移動する認識対象物について、その対象者が適切に認識しているか否かを推定する状況認識推定システム、及び当該状況認識推定システムを利用して、対象者による自動車等の移動体の運転支援を行う...
もっと読む
2182
社会基盤
掲載日:2019/07/05
特開2020-143686

MR流体を用いた逆可動性を有する小型パワフルアクチュエータ

亀崎 允啓 主任研究員 (理工学術院 理工学術院総合研究所)
 人の代替労働力・サポート手段として活躍が期待されるロボットのアクチュエータには、高出力性や高応答性、機構的高柔軟性、堅牢性、良制御性、高エネルギー効率といった諸特性を兼ね備えることが求められている。本シーズは、特に,高出力性と逆可動性という特長を有する磁気粘性流体(MR流体)...
もっと読む
2018-1123-03
ライフサイエンス
掲載日:2018/11/23

脳動脈瘤の再現モデル装置

八木 高伸 主任研究員 (理工学術院 理工学術院総合研究所)
共同研究者:坂口 勝久 准教授
◆ 脳動脈瘤の病態を体外で再現するex vivo技術の確立  ◆ 血流負荷を作用させることにより正常から病態への過程を再現◆ 血流異常による血管の退行変性を経時的に再現・分析
もっと読む
2018-0927-01
ライフサイエンス ナノ・材料
掲載日:2018/09/27

細胞機能を自在に制御・改変する技術 ~Nano-heaterによる細胞熱力学エンジニアリング~

新井 敏 次席研究員 (理工学術院 理工学術院総合研究所) (当時)
◆ 細胞内の「Heat Spot」の温度をリアルタイムで計測しながら、リモート制御でナノ・マイクロスケールの空間に熱的なストレスを加えることができる独自の技術(Nano Heater)。
もっと読む
CSVダウンロード