検索結果

  詳細検索を表示する
  • 1-6 / 全6件中
  • 表示数
  • 新着順
  • 研究者名順
  • 所属順
2230
情報通信
掲載日:2021/09/06
特開2021-51172

音声対話システムにおける発話タイミング制御

小林 哲則 教授 (理工学術院 基幹理工学部 情報理工学科)
システム発話タイミング検出手段は、ユーザの発話権維持又は譲渡/放棄かをパターン認識処理により逐次推定し、次発話準備手段は、システム発話タイミング検出手段と非同期、かつ開始タイミング検出前に、システムの次発話の内容データを準備する。そして、システム発話の開始タイミングの検出後に、...
もっと読む
2237
情報通信
掲載日:2021/03/24
特開2021-22290

電気機器の動作監視、異常検出方法

小川 哲司 教授 (理工学術院 基幹理工学部)
動作部と制御部を有する電気機器(フライホイール等)の制御状態監視方式であり、状態データ(制御信号等)を用いて、動作部が所定の目的状態(【例】X,100回転での運転 / Y:70回転での運転 )であることを示す特徴データ(尤度等)をパターン認識により得て抽出する状態推定器と、その特徴データを用いて...
もっと読む
1335
情報通信
掲載日:2014/03/26
特許第6032638号

記憶度推定装置および記憶度推定プログラム

山名 早人 教授 (理工学術院 基幹理工学部 情報理工学科)
ユーザが入力画面に解答を手書き入力する際に、入力開始までの時間や解答終了までの書き直し(消去字画数)等の所定の特徴量を取得し、統計処理を用いて一般ユーザの記憶度に基づく特徴量の傾向との比較を行い、比較結果を基にユーザが解答を完全に記憶しているか、迷いながら正解したか等を判定す...
もっと読む
1125
ライフサイエンス
掲載日:2013/12/25
第5751610号

会話ロボット

小林 哲則 教授 (理工学術院 基幹理工学部 情報理工学科)
グループの会話に参加して会話のみならずその場の雰囲気に自然に溶け込める動作のできるロボットに関する技術。このロボットは、複数の人間が会話している輪の中に、話者に対する直接の聴者だけでなく、会話に関心を持っている第三の聴者として違和感なく加わることができる。そのために、ロボット...
もっと読む
2011-0913-02
情報通信
掲載日:2011/09/13

手書きノートからの効果的なサムネイル作成

山名 早人 教授 (理工学術院 基幹理工学部 情報理工学科)
一覧表示する際に、概要から容易に内容を把握できるサムネイル表示は有効であるが、手書きデータの場合は文字が小さくなりすぎることから、逆に時間がかかる結果となる。 そこで下線や囲い込みといった強調表現を自動認識することで拡大表示し、図表と組み合わせることで重要部分のみを抽出したスニ...
もっと読む
2011-0913-01
情報通信
掲載日:2011/09/13

手書き数式入力システムMathBox

山名 早人 教授 (理工学術院 基幹理工学部 情報理工学科)
数式記号の認識は、従来の文字認識技術で対応可能であるが、数式構造の認識は困難であり、これが数式の認識精度の低下の原因となっていた。これに対して、数式構造のパターンを予測し、ユーザーが数式入力を行うスペース(=Math Box)をあらかじめ表示することで、数式構造の認識を容易にし、認識精...
もっと読む
CSVダウンロード