3Dナノ構造界面を有する異種材直接接合

背景

◆ 熱可塑性炭素繊維強化複合材料(CFRTP)の自動車車体への適用及び、生産性,リサイクル性,燃費の向上
◆ マルチマテリアル化によるCFRTPとアルミニウム合金(Al)の接合技術開発

シーズ概要

◆ Al表面上のナノスパイク構造(NSS)の作製
◆ CFRTPとAlのホットプレスによる直接接合
◆ シランカップリング処理による接着強度の向上

優位性

◆ 従来の接着剤よりも高い接着強度を実現
◆ CFRTPとAlのみの直接接合のため高いリサイクル性

応用・展開

◆ 輸送機器部材等のホットプレスによる直接接合
◆ CFRTPとAlの新規複合材料の開発

資料

  • 接着強度の比較
  • FE-SEMによる破面観察

共同研究者

阿部 暉 , 川田 宏之 教授

掲載日: 2017/02/23