新規脳ホルモンGnIHによる思春期早発症と生殖機能障害の新規治療法の開発

2016-1024-07
研究者名
所属
専門分野
形態・構造
キーワード

背景

◆ 従来はGnRHしか知られていなかったため、中枢性生殖機能障害の大部分は原因不明であり、有効な治療法が開発されていなかった。

シーズ概要

◆ 生殖機能を抑制する新規脳ホルモン(GnIH)を発見(図1)
◆ 生殖機能を抑制するGnIH/GNIH作用の分子機構の解明
  - GnIH/GNIHの機能低下が導く中枢性思春期早発症(図2)
  - GnIH/GNIHの機能亢進が導く中枢性生殖機能障害(図3)

優位性

◆ 生殖腺刺激ホルモン放出抑制ホルモンの新規発見
◆ 新しい生殖制御機構の解明

応用・展開

◆ 開 発 
  - GNIHアゴニスト(中枢性思春期早発症の新規治療薬)
  - GNIHアンタゴニスト(中枢性生殖機能障害の新規治療薬)
  - 新規診断法(GNIHとGNIH受容体の変異スクリーニング法)

資料

  • 図1 生殖を抑制する脳ホルモン(GnIH)の発見
  • 図2 GnIH機能低下が導く思春期早発症
  • 図3 GnIH機能亢進が導く生殖機能障害
掲載日: 2016/10/24