result

  show advanced search
  • 1-20 / 26
  • display number
  • order by date
  • order by researcher's name
  • order by affiliation
2367
Social Infrastructure
posted:2020/11/18

動力伝達機構

KAMEZAKI, Mitsuhiro Researcher (Faculty of Science and Engineering Waseda Research Institute for Science and Engineering)
read more
2387
Social Infrastructure
posted:2020/11/09

自律移動ロボットのサービスタスク運用のための先導・追従行動計画を可能にする制御システム

KAMEZAKI, Mitsuhiro Researcher (Faculty of Science and Engineering Waseda Research Institute for Science and Engineering)
read more
2363
Social Infrastructure
posted:2020/08/21

人の予測位置確率分布に基づく干渉度合いに応じた自律移動ロボットの軌道計画アルゴリズム

KAMEZAKI, Mitsuhiro Researcher (Faculty of Science and Engineering Waseda Research Institute for Science and Engineering)
read more
2133
Social Infrastructure Frontier
posted:2020/07/08
特開2020-95421

運転者負荷に応じて情報提示の感覚およびタイミングを調整する支援技術

KAMEZAKI, Mitsuhiro Researcher (Faculty of Science and Engineering Waseda Research Institute for Science and Engineering)
支援情報は,適切でない感覚(視覚,聴覚,触覚)とタイミングで提供されると授受者に看過されてしまう可能性が高まるが,従来の情報支援技術の多くは,この感覚とタイミングが固定であった.本発明では,適切な情報提供を行うため,運転者が感じる負荷に応じて感覚・タイミングを調整する情報提示...
read more
2321
Social Infrastructure
posted:2020/06/17

遠隔操作型ロボットシステム

OTANI, Takuya Junior Researcher (Faculty of Science and Engineering Waseda Research Institute for Science and Engineering)
read more
2356
Social Infrastructure
posted:2020/06/17

複数人移動予測に基づく混雑環境下で接近・接触しながら移動可能なロボットの経路生成アルゴリスム

KAMEZAKI, Mitsuhiro Researcher (Faculty of Science and Engineering Waseda Research Institute for Science and Engineering)
read more
2062
Life sciences
posted:2020/04/14
特願2018-158059

生体外で創る血管病モデルと薬剤スクリーニングへの応用

YAGI, Takanobu Researcher (Faculty of Science and Engineering Waseda Research Institute for Science and Engineering)
患者の血管病の病態に近似し、簡便かつ短期間で作製 可能で、血管組織が正常から病態へと経時間的に変化す るプロセスを解明することが可能な、ex vivoの疾患モ デルの作製方法を確立し、血管病の予防又は治療のため の薬剤のスクリーニングに利用可能な疾患モデルを提供 することを課題とする。
read more
2247
Social Infrastructure
posted:2019/10/16

自己伸展型長尺構造物

ISHII, Hiroyuki Associate Professor (Faculty of Science and Engineering Waseda Research Institute for Science and Engineering)
read more
2220
Social Infrastructure
posted:2019/07/30
特開2020-197952

ドライバーの状況認識推定・安全運転システム

KAMEZAKI, Mitsuhiro Researcher (Faculty of Science and Engineering Waseda Research Institute for Science and Engineering)
本発明は、状況認識推定システム及び運転支援システムに係り、更に詳しくは、所定の対象者の周囲を相対移動する認識対象物について、その対象者が適切に認識しているか否かを推定する状況認識推定システム、及び当該状況認識推定システムを利用して、対象者による自動車等の移動体の運転支援を行う...
read more
2182
Social Infrastructure
posted:2019/07/05
特開2020-143686

MR流体を用いた逆可動性を有する小型パワフルアクチュエータ

KAMEZAKI, Mitsuhiro Researcher (Faculty of Science and Engineering Waseda Research Institute for Science and Engineering)
 人の代替労働力・サポート手段として活躍が期待されるロボットのアクチュエータには、高出力性や高応答性、機構的高柔軟性、堅牢性、良制御性、高エネルギー効率といった諸特性を兼ね備えることが求められている。本シーズは、特に,高出力性と逆可動性という特長を有する磁気粘性流体(MR流体)...
read more
2018-1123-03
Life sciences
posted:2018/11/28

Reproduction model device for cerebral aneurysm

YAGI, Takanobu Researcher (Faculty of Science and Engineering Waseda Research Institute for Science and Engineering)
collaborative researchers:SAKAGUCHI, Katsuhisa Associate Professor
●  Establishment of a novel ex vivo technique of reproducing cerebral aneurysm.●  Reproduce diseased state of the arteries from healthy by hemodynamic loading.●  Reproduce degenerative change of arteries due to aberrant hemodynamics.
read more
1985
Social Infrastructure
posted:2018/01/23
特開2019-101765

ドローンを使った移動体操作のための映像提示と自動制御システム

KAMEZAKI, Mitsuhiro Researcher (Faculty of Science and Engineering Waseda Research Institute for Science and Engineering)
 遠隔操作ロボットを多種多様な作業環境に適用するためには,作業環境中の任意の位置,角度からの映像を提示することが効果的であることから,マルチ飛行カメラを用いた「状況に応じて適応的に調整を行う映像提示システム」を提案する.1つの画面に対して一貫した映像を提示する「連続性」と映像シ...
read more
1986
Social Infrastructure
posted:2018/01/15
特開2019-84641

「ロボットから人への意図伝達度」に着目した移動ロボットの行動戦略

KAMEZAKI, Mitsuhiro Researcher (Faculty of Science and Engineering Waseda Research Institute for Science and Engineering)
 移動体と移動障害物との協調移動のために,「ロボットから人への意図伝達度」に着目した人状態推定手法を開発し,双方の動作結果を踏まえた連続的な働きかけ手法を提案する.ロボットのすれ違い幅から働きかけの必要性を判定する「干渉度」,人のロボットに対する認知の有無を判断する「認知度」...
read more
1616
Social Infrastructure
posted:2017/02/20
特開2016-142320

MR流体を用いたバックドライバブルアクチュエータ

KAMEZAKI, Mitsuhiro Researcher (Faculty of Science and Engineering Waseda Research Institute for Science and Engineering)
高応答・高出力・安全性が求められる次世代のロボットシステムには、予期しない外力の付与に対して迅速に応答可能な柔軟性を有する新たなアクチュエータが要請されている。 本シーズは、応答時間の短縮化を図るとともに、比較的簡易な構成で柔軟性を発揮させることができるバックドライバブルアク...
read more
1872
Social Infrastructure
posted:2016/12/06
特開2018-71776

MR流体を用いた逆可動性を有するロータリアクチュエータ

KAMEZAKI, Mitsuhiro Researcher (Faculty of Science and Engineering Waseda Research Institute for Science and Engineering)
高応答・高出力・安全性が求められる次世代のロボットシステムには,予期しない外力の付与に対しても迅速に応答可能な柔軟性を有する新たなアクチュエータが要請されている。本シーズは,応答時間の短縮化を図るとともに,比較的簡易な構成で本質的な柔軟性を発揮させることができる逆可能型のロー...
read more
2016-0614-01
Manufacturing Technology
posted:2016/07/14

医療手技訓練用ヒューマノイド

ISHII, Hiroyuki Associate Professor (Faculty of Science and Engineering Waseda Research Institute for Science and Engineering)
collaborative researchers:TAKANISHI, Atsuo Professor
医師など医療従事者の訓練に用いる患者シミュレータに関する技術.アクチュエータによって1台のシミュレータでさまざまな患者を再現することや,センサによって手技を計測し評価することが可能.
read more
2016-0614-02
Life sciences
posted:2016/07/14

顎顔面マッサージロボット

ISHII, Hiroyuki Associate Professor (Faculty of Science and Engineering Waseda Research Institute for Science and Engineering)
collaborative researchers:TAKANISHI, Atsuo Professor , 勝又 明敏 教授
顎関節症等の疾患に有効な顎顔面マッサージを行うロボットの設計ならびに制御に関する技術.この技術を用いることで,熟練した施術者が行うような力強さとしなやかさを兼ね備えたマッサージが可能.
read more
1804
Social Infrastructure
posted:2016/04/11
第6675733号

歯磨きロボット

TAKANISHI, Atsuo Professor (Faculty of Science and Engineering)
read more
2011-0920-04
Energy
posted:2014/05/21

Energy-saving and environmental techniques that use vapor compression heat pumps

AMANO, Yoshiharu Professor (Faculty of Science and Engineering Waseda Research Institute for Science and Engineering)
We have been conducting research and development into revolutionary energy-saving vapor compression and condensation (VCC) technologies that compress vapor produced in the evaporation process, and continually recover condensation latent heat to reuse in evaporation; the theore...
read more
2012-0903-01
Energy
posted:2014/05/21

Experiment Using High Quality Beams

WASHIO, Masakazu Professor (Faculty of Science and Engineering Waseda Research Institute for Science and Engineering)
The Washio Laboratory conducts research on PEMFC. It is also working on the development of materials which can be used as an electrolyte membrane for a Polymer Electrolyte Fuel Cell (PEFC) that is capable of having a compact and light weight design.
read more
csv download