検索結果

  詳細検索を表示する
  • 1-6 / 全6件中
  • 表示数
  • 新着順
  • 研究者名順
  • 所属順
2319
ライフサイエンス ナノ・材料
掲載日:2020/04/14

複合ナノチューブを介した細胞内物質導入および抽出技術

三宅 丈雄 准教授 (理工学術院 大学院情報生産システム研究科)
もっと読む
2085
ものづくり技術
掲載日:2020/04/14
特開2020-35983

半導体素子接合構造及び接合構造の生成方法、接合剤

巽 宏平 教授 (理工学術院 大学院情報生産システム研究科)
高温環境で用いられるパワーデバイスにおいて、Niナノ粒子と、Niより硬度の小さい金属(例えばAl)のマイクロ粒子を混合したペースト等を接合剤として用いてデバイスの接合構造を形成する。デバイスと被接合体とを強固に接合できると共に、熱応力を緩和することで高温環境に対応でき、信頼性...
もっと読む
427JPDIV
ものづくり技術
掲載日:2019/07/05
第6667765号

電極接続方法及び電極接続構造

巽 宏平 教授 (理工学術院 大学院情報生産システム研究科)
もっと読む
1963
情報通信
掲載日:2019/04/19
特開2019-45905

複数の時系列数値データに対する機械学習によるデータ挙動予測

藤村 茂 教授 (理工学術院 大学院情報生産システム研究科)
正常動作時のプロセス変数の時系列データを取得し、予測対象となる予測変数と予測変数に影響を与える要因変数を特定する。所定時間中のこれらの変数の時系列データを入力データ、所定時間後の予測変数の時系列データを出力データとし、これらのデータを用いて畳み込みニューラルネットワークで学習...
もっと読む
2019-0312-01
ナノ・材料
掲載日:2019/03/12

半導体素子における新接合構造の開発

巽 宏平 教授 (理工学術院 大学院情報生産システム研究科)
共同研究者:田中 康紀 助手
◆ Alマイクロ粒子混合によるボイドの減少効果の検証◆ Niナノ粒子/Alマイクロ粒子混合ペーストにより形成した接合構造の応力緩和効果の検証◆ SiC-SBDを用いた高耐熱性評価
もっと読む
1131
情報通信
掲載日:2013/12/25
第5646302号

周波数逓倍器

吉増 敏彦 教授 (理工学術院 大学院情報生産システム研究科)
主として通信機に使用される周波数逓倍器において、トランジスタをピンチオフ付近で動作させた場合に発生する整数倍の高調波を取り出す回路に関する発明。 基本波抑圧回路の定数を調整することで、インピーダンス整合回路を一部省略することが可能。
もっと読む
CSVダウンロード