光で曲がる結晶材料

2016-0203-01
研究者名
小島 秀子
所属
ナノライフ創新研究機構
キーワード

背景

◆小型・軽量アクチュエータの需要
◆光で遠隔操作できるアクチュエータの需要
◆ソフトアクチュエータへの期待

シーズ概要

◆光駆動アクチュエータ用結晶材料
◆形状記憶合金に替わるフォトメカニカル結晶材料
◆MEMSに替わる結晶機械

優位性

◆光で屈曲する有機結晶を開発
◆屈曲原理:可逆的光異性化により屈曲
◆結晶材料は安価で結晶作製が容易 

応用・展開

◆医療用内視鏡・カテーテルのアクチュエータ
◆ロボット用アクチュエータ
◆光を使った人工筋肉

資料

  • アゾベンゼン結晶の光屈曲
  • 紫外光が強いほどよく曲がり、可視光が強いほど速く戻る
  • 屈曲運動を少なくとも200回は繰り返し可能
  • 光により結晶の300倍の重りを持ち上げることができる

共同研究者

朝日 透 教授

掲載日: 2016/02/03