微弱な生体信号を高感度に測る無線計測システム

2021-0921-07
研究者名
研究者情報 三宅 丈雄 教授
所属
理工学術院 大学院情報生産システム研究科
キーワード

背景

◆ IoT社会の到来に伴い微弱な生体信号を無線で測るためのデバイスが求められている.
◆ 高感度・高利得な無線計測システムを開発
◆ ウェアラブルデバイス・体内埋め込み医療機器応用

シーズ概要

◆ 新原理:パリティ・時間対称性共振結合回路      
◆ 検出回路のみに負性抵抗を追加(センサ側はそのまま利用)  
◆ 抵抗・インダクタンス・キャパシタンス変化を無線計測  

優位性

◆ これまで測れなかった微弱な信号の無線計測
◆ センサ側:電源不要,コスト削減が可能 
◆ 検出器側:負性抵抗を追加のみ

応用・展開

◆ 健康状態を測る生体センサ応用
◆ 例:スマートコンタクトレンズ(緑内障や糖尿病)
◆ 体内埋め込みなど医療機器デバイスへの応用

他のシーズ

  • 高効率な細胞内物質導入スタンプおよび顕微鏡搭載システム
  • センサシステム
掲載日: 2021/10/08