ラミネート型リチウムイオン二次電池の作製技術開発

2012-0712-03
研究者名
研究者情報 逢坂 哲彌 特任研究教授
所属
専門分野
デバイス関連化学,ナノバイオサイエンス,電子・電気材料工学
キーワード
電池 、 電気化学 、 エネルギー節約・効率利用 、 リチウムイオン二次電池 、 ラミネート

背景

東日本大震災以降,省エネルギーや一気に高まった再生可能エネルギーの利用を促進するためには,そのエネルギーを溜める蓄電デバイスは必要不可欠である.そのなかでもリチウム二次電池はその高いエネルギー密度を有し,繰り返し使用性が高いことから,小規模な分散電源から電気自動車,携帯電話に至る小型機器の蓄電デバイスとして,広く実用化され,またさらなる応用について研究開発が行われている.しかしながら,研究段階及び事業スタートにおける小規模数量での蓄電池の購入は容易でなく,研究開発や,新規参入,ベンチャービジネスの立ち上げなどにおいて,大きな障壁となっている.

シーズ概要

本技術は,50~1000mAhのラミネート型リチウムイオン二次電池を供給可能なことである.研究室保有の優れたドライエア環境下(供給エア:露点<-95℃, 無負荷時室内露点-70℃)で作製するラミネートセルは,優れた組み立て機器,研究にて培ったリチウム二次電池作製のノウハウを用いることで,安定した特性のセルを提供が可能である.また研究用セルとして,内部試料の開示可能なことや,各種材料をオーダーメイドで受け作製し所望の特性を提供することができる.

応用・展開

本技術を元に,様々な容量・特性ののリチウムイオン二次電池を,所望に条件にて供給できるようにする.

優位性

研究開発用,小規模利用リチウム二次電池として,内部試料の開示可能なことや,各種材料をオーダーメイドで受け作製し所望の特性を提供することができる.

提供目的

受託研究、共同研究、技術相談

資料

  • 1対の電極を有する容量60mAhのラミネート型リチウムイオン二次電池
  • 10対の電極を有する容量600mAhのラミネート型リチウムイオン二次電池

他のシーズ

  • インピーダンス測定によるリチウムイオン電池(LIB)セルの劣化把握
  • リチウム二次電池用長寿命シリコン負極合成
  • ナノ粒子配列基板の製造
  • オールウエットULSI作製プロセス
  • 低抵抗と優れた機械強度を実現するハードゴールドめっき技術
  • 電界効果トランジスタセンサ
  • 生体表皮における化学バランスのモニタ
  • 食の安全を守るバイオセンシング技術の開発
  • 皮膚に優しいケミカル健康モニタ
  • がん医療への応用に向けた磁性ナノ粒子の開発
  • 矩形波インピーダンス解析による電池診断
  • 見えない物質から心のストレスを見る
  • 微細パターンの作製方法
  • 軟磁性薄膜およびその製造方法、並びにその薄膜を用いた薄膜磁気ヘッド
  • 軟磁性薄膜及びその製造方法並びにその薄膜を用いた薄膜磁気ヘッド
  • リチウム二次電池用活物質、リチウム二次電池用負極、およびリチウム二次電池
  • 電気めっき液、リチウム二次電池用活物質の製造方法、及びリチウム二次電池
  • リチウム二次電池活物質
  • 皮膚表面pHの測定法
  • 組電池、電池モジュールおよび電池モジュールの評価方法
  • リチウム硫黄二次電池
  • 見えない物質から心のストレスを見る
  • 見えない物質から心のストレスを見る
掲載日: 2012/07/12