良質の地域土壌を用いた省エネ低コスト型の浄化材料開発

2012-0619-04
研究者名
研究者情報 香村 一夫 教授
所属
理工学術院 創造理工学部
専門分野
地球・資源システム工学,環境動態解析,環境技術・環境負荷軽減,地質学
キーワード
吸着 、 環境地質 、 省資源・省エネルギー技術 、 資源評価 、 土壌環境

背景

日本には火山灰土壌が各地に存在し、それらは有害物質を吸着する能力を有している。これらをわが国の「価値ある資源」と捉えて有効活用することは、環境負荷・経済的負担の両面から有益である。

シーズ概要

環境浄化資材としての火山灰土壌の活用。

応用・展開

●重金属類の吸着固定化技術の開発
●有機汚濁成分の吸着分解技術の開発
●塩害土壌浄化技術の開発

優位性

日本の火山灰土壌についてのデータベース(採取地、層準、構成鉱物などの分類により吸着能力を評価したもの)を継続して構築している。

提供目的

受託研究、共同研究、技術相談

他のシーズ

  • 廃棄物最終処分場を対象とした、都市鉱山としての評価と探査・回収技術
掲載日: 2012/06/19