運動に対する内発的な動機付けを与え、継続的な運動を支援するシステム

1324
研究者名
所属
専門分野
知能機械学・機械システム
キーワード
特許名称
運動継続支援システム、運動誘引情報生成装置及びプログラム
特許番号
特許第5988137号
出願人
学校法人早稲田大学
出願国・地域
日本

シーズ概要

運動を行う使用者に様々な音が提示され、当該音の高低に合わせて使用者が運動を行う。すると、システムでは、音の高低に合った動きか否かを判定し、体の各部位に対して、経験的データから、動きの偏重に応じた重み付けをした上で、使用者に、動きの不足している部位のトレーニングを誘引する。

効果

目標音の高さに応じて運動時の動きを大きくする等の単純なルールを使用者に事前に知らせておくだけで、経時的な目標音の相違に応じて、使用者が自由に体を動かし、適正な運動がなされたときの動作音が得られるように、使用者が自己で運動を工夫しながら、効果的な運動を行うことができる。

応用・展開

家庭用の運動支援機器、スポーツジムに設置され、インストラクター不要の運動システム。ゲーム等

優位性

内発的動機付けによる運動を誘引するため、使用者の運動を継続させるための一要因となる。

提供目的

共同研究、技術相談、知財ライセンス
掲載日: 2014/02/18