通信分類装置及び方法

1152
研究者名
所属
特許名称
通信分類装置及び方法
特許番号
第5682089号
出願人
学校法人早稲田大学、日本電信電話株式会社
出願国・地域
日本

シーズ概要

本発明は、過去に観測されなかった未知のアドレスにも対応可能なアドレスの評判判定を行い、結果として悪意のある通信の検出をする。 本発明は通信を発生させた端末の判定対象アドレスを取得し、該判定対象アドレスに固有な特徴を特徴ベクトルとして抽出する。悪意性の有無を示すラベルが付与されたアドレスのリストを格納した訓練データ記憶手段に格納する。特徴ベクトルに対して教師付機械学習を適用して、訓練結果を取得する。訓練結果から通信が通常の通信か悪意のある通信かを確立的に判定する。

共同発明者

千葉 大紀

掲載日: 2013/12/25