水素の製造方法

2278
researcher's name
affiliation
keyword
patent name
水素の製造方法
publication number
特開2021-113141
applicants
学校法人早稲田大学
region
日本

summary

本発明は、新規で環境適合かつ水素生成速度が極めて高い水素の製造技術に関するものである。

effect

本発明により新規で環境適合かつ水素生成速度が極めて高い水素の製造技術を提供することができる。

application/development

今後は水素の需要が継続的に高まることが予想され、低コスト・低環境負荷な水素を生産する手法が求められる。
・輸送用:燃料電池(自動車、船舶、航空機など)                                                                       
・家庭用:燃料電池(ポータブル、据付など)
・発電用:(業務、産業など)

predominance

本発明は、光照射による水分解の知見と、独自のチオフェン重合体層の形成方法をもとに、光照射による水からの効率高い水素の簡便な製造方法を開発した。これによって大きな過電圧の印加や犠牲試薬の添加等の補助なく、水素の生成速度を既知の方法と比較して大幅に増加することができた

purpose of providing seeds

Others

material

  •  
  •  

collaborative inventors

岡 弘樹 , Bjorn Jensen Winther

posted: 2020/03/12