圧電薄膜フィルムを用いた安価な振動発電素子

1999
researcher's name
affiliation
research field
ナノマイクロシステム
keyword
patent name
圧電型発電装置及びその製造方法
applicants
学校法人早稲田大学
region
日本

summary

課題
・セラミック系圧電材料(PZT等)は機械的強度が脆い
・高分子系圧電材料はフレキシブルで丈夫だが出力インピーダンスが高い
・高分子系圧電材料は高電圧(1000V以上)による分極処理が必須

解決手段
・圧電POLYMER溶液のスピンコートによる薄膜化 
・インクジェットプリンタを用いた電極形成
・分極処理を不要に

application/development

・振動発電、風力発電
・ウエアラブル発電
・新規センサー

predominance

・製造設備が安価
・さまざまな材料の上に形成可能
・応力分散積層構造による出力の増強

purpose of providing seeds

Sponsord research, Collaboration research, Technical consultation, IP licensing

material

collaborative inventors

佐々木 敏夫 次席研究員 , 笹川 健太 , 中嶋 宇史

posted: 2018/02/19